すみれ色日記

宝塚について思うままに語ります

『メランコリック・ジゴロ』(花組・全ツ・2018)感想

 柚香光さんと水美舞人さんのコンビでの『メランコリック・ジゴロ』。
 そして、若さ溢れる花組による『EXCITER2018』。


 これは楽しくないわけがない!と、とても楽しみに出かけました。



 とっても楽しかったです!
 もちろん、全体的に若いので未熟です。お芝居もまだまだだとは思います。
 (『メランコリック・ジゴロ』はもっともっと笑いを取れる楽しい作品だと思いますが、やはりコメディって案外難しいのかな。
  この作品は、絶妙な間や言い回しなど細かい芝居が必要になり、演じる方は結構難しいのかもしれません。)
 でも、熱気あふれる舞台で、ショーも、はじっこの人までみんな一生懸命熱くて、とにかく楽しめました。


 今回、華優希さんと舞空瞳さんをよく観ることができました。
 華さんは今まで子どもの役を多く観ていたので、今回、大人っぽく真ん中で歌っているのを見て、とても新鮮な気持ちでした。
 新たな魅力発見でしたが、これからは大人っぽい役も回ってくるんじゃないかしら。


 そして、舞空さん。
 この方は印象的な顔立ちですが、正直あまり好きなお顔ではなかったのですが、舞台で観るととても映えるなぁと感じました。
 動きもしなやかだし声も気持ちいいし、何よりヒロインっぽくて目を引きます。
 そして大人っぽくもあり、素敵な娘役さんだなぁと感じました。 


 あと、花野じゅりあさん⇒真鳳つぐみさん と飛龍つかささんのコンビはよかった。!
 ルシルはあれぐらい強くやってほしいので、このキャスティングはよかったです。


 そして羽立さんも活躍していました。
 何より存在感が大きいのはとてもいいです。
 どこか人のよさそうな悪役で、ちょっとかわいそうになってしまいましたが、
 これからの花組になくてはならない存在になっていて、これからがとても楽しみです。


 それにしても和海さんといい羽立さんといい、歌が上手な方はセリフの声もきれいなので、とてもいいです。


 今回、若手が多かったのですが、こうしてみて、あらためて中堅、ベテランの方々のうまさ、すばらしさを感じました。
 なんというか、重みとか、やはり違うのですよね。
 でもここに、こういう若手が中心となった公演ができるのは、とてもいいことだし、自信につながるのではないかと思います。
 この出演者の方達は、今回のこれを糧に、もっと一皮も二皮も向けていってほしいです。


 最後に・・・
 柚香さんは体調があまり良くなかったのかな?
 声が出しずらそうでしたし、なんとなくあんまり元気がなかったような。
 その分、水美さんが元気いっぱいにしたのでよかったです。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。