すみれ色日記

宝塚について思うままに語ります

『戦国BASARA』今頃ですが感想

 今頃こんな話題で申し訳ありませんが、
 2013年に東急シアターオーブで公演された、花組の蘭寿とむさん主演の『戦国BASARA』ー真田幸村編ー。
 前に映像で観てなかなか面白いなぁと思っていたのですが、先日、再び観てみました・・・


 いやぁ、やっぱりこれ面白い!!


 音楽もついついのっちゃうし、蘭寿さんもかっこいいし、それぞれはまり役で楽しい!


 この明日海さん、とってもいいです。
 色気、品、声・・・いいわぁ。
 明日海さんのこういう話し方、好きです。
 毘沙門天の旗もお似合いです。(えっ?)
 そしてその明日海さんを慕う桜咲さんも素敵で、明日海さんともお似合いです。


 そしてそして、望海さんの猿飛佐助。おもしろーい。
 個人的には、この佐助と桜咲さんがくっついてほしいと思いましたが、それはだめですね。桜咲さんは明日海さん一筋です。


 ほかにも華形みつるさんとか、今は退団された春風弥里さんや鳳真由さんなども出演されていて、このときの花組は充実していますね。
 もう、ワクワクドキドキです。


 そしてこの公演は、とにかくこれです。


 ♪バーッサーラーーー、バッサラーーー~~~♪
 ♪バーッサーラーーー、バッサラーーー~~~♪


 これ、困るぐらい耳に残ります。そしてついついステップを踏みたくなってしまいます。
 すごいなぁ、この曲。
 なんだろ、この曲。


 そういえば、これって、これまでの宝塚の曲と違う感じだけど、どなたが作曲したんでしょう?


 それで少し調べてみたのですが、よく分からないのですが、多分千住明さん?
 千住明さんはアニメから映画、ドラマ、クラシックなど幅広く活躍されていて、あのバイオリニストの千住真理子さんのお兄さんなのですね。
 100周年の記念式典の曲(「虹の橋 渡りつづけて」)も千住明さんが作曲されたとのこと。
 そう、アニメとかそういう雰囲気をこの曲はもっているので、この作品にぴったりで、外部の作曲家の方に依頼したのもよく分かります。


 当時、この公演がどう評価されたかは知りませんが、生で観たらすっごく楽しかったでしょうね。



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。