すみれ色日記

宝塚について思うままに語ります

『Delight Holiday』(花組・2018年)感想です

 明日海さん率いる花組の舞浜アンフィシアター公演。
 今日は千秋楽ですね。おめでとうございます。


 数日前ですが、私も観てきたのでちょっとだけ感想を。


 この会場は初めてだと思っていたら、行ってみて、以前、『シルクドソレイユ』をここで観たことを思い出しました。
 あのときは「シルクドソレイユ」の専用の会場だと思っていましたが、それが今の「舞浜アンフィシアター」になったのですね。
 なるほどなぁと少し感慨にひたりながら席につきましたが、席もなかなか座り心地がよく、また、エンターテイメントを観るぞ!という雰囲気にわくわくしました。


 そんなこんなで始まったショー。
 私が印象に残った曲・場面をいくつかあげます。


 「USA」がとにかく楽しかった!
 特に鳳月さんのダンスがキレがあって、ついつい目が奪われました。


 城妃美玲さんの歌いながらのダンスがとってもノリノリで、可愛かったです。


 仙名彩世さんは、巧みだなぁという印象。やはり上手ですね。


 そして『Exciter‼』。
 現在、全国ツアーで上演されていますが、こちらは一場面だけではあるものの、「さすが本家本元!」と拍手喝采したくなる感じでした。
 こちらも出演者たちは同じように若手が多いと思いますが、やはりトップスターさんが率いると、ぐっとしまるんだなぁとつくづく感じました。
 少ない人数で大盛り上がりでした。


 とにかく明日海さんが歌って踊っての出ずっぱりで、あの細いお体で大丈夫かしら、とちょっと心配になってしまいましたが、でも元気いっぱいに跳んではねて、トークして歌って・・・と、明日海さんの魅力満載でした。


 それと、下級生が一人一人とっても力強く、そしていきいきしてとてもよかったです。



 そんなこんなであっという間に終わり、


 舞台のセットや衣裳、舞台構成などがこの会場ととても合っていてよかったなぁ、とか、会場が普段の宝塚劇場とはまた違う雰囲気で、たまにはこういうのもいいなぁ、などと思いながら、会場を後にしました。


 
 

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。