すみれ色日記

宝塚について思うままに語ります

花組の退団者発表で・・・

 先日、花組『CASANOVA』での退団者が発表されました。


 最初、移動の合間にこのニュースを見て、「えぇーっ!花野じゅりあさん・・・!?」「???・・・?」


 混乱してしまい、なぜかすぐに画面は閉じました。


 そして頭の中がフリーズ。


 でもしばらくして、「えっ?えっ?」、「何かがおかしい?」となり、それで再び画面を確認したところ、


 そうしたら・・・、やはり桜咲彩花さん。


 花野さんに並んで桜咲さんも。そして最後に、亜蓮冬馬さんのその日付の退団も。


 「えぇーーっ!うそでしょ・・・?」
 「いやぁーん、花野さん、桜咲さんが退団しちゃうんだ・・・。」
 「亜蓮さんは????」ともう頭の中が真っ白。


 情報過多で処理できません。


 そして再び画面を閉じたのですが、しばらくしてもう一度あらためて画面を開き、じっくり見ました。


 間違いありません。花野さん、桜咲さん、碧宮 るかさん、茉玲 さや那さん、凜香 百音さん、そして亜蓮さんです。


 もうショックで、信じられない気持ち、信じたくない気持ちが交錯し、何度も何度も画面を見返しました。
 桜咲さんの退団は全く考えていなかったし、いえ、花野さんも考えていませんでした。


 このお二人は、私にとって花組の華やかな娘役を象徴するような方々で、花組を観劇するときの楽しみはこのお二人でした。
 とくに桜咲さんは、娘役さんはなかなか覚えられない私が、出戻ったときのごく初期に自然と覚えた娘役さんでした。
 たおやかで優しそうで品があって綺麗でかわいらしく、本当に大好きで、先日行ったディナーショーも、一番の目当ては桜咲さんでした。
 本当は、桜咲さんにはトップ娘役になってほしいというのが私のひそかな願いでした。


 そして、亜蓮さんは、怪我でずっと休演されての退団。
 怪我が重かったのでしょうか。
 その理由は知る由はありませんが、『スターダム』での演技がとても印象的で、私も覚えたのですが、これから!という男役さんだと思っていたので、なんだか切ないです。
 前向きの退団であるといいなぁと思います。



 考えてみるとどの方もいつ退団されてもおかしくないのですよね。
 なので、ここで出会えたことは奇跡のようなこと、
 これまで宝塚にいてくれてどうもありがとう、という気持ちです。


 皆さん、それぞれ考えての今の卒業なのでしょう。
 私も四の五の言わず、一生懸命受け入れようと思います。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。